スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10体目過程

2013/11/03 00:37
この子も設計・大まかな造形をしたところで、物凄く迷走してしまったために、長らく放置していました。そのせいか、なんだか不貞腐れているようなお顔。
SH3D0335.jpg

やっとこさ再着手。・・ワイッ!
SH3D0345 - コピー

なぜこんな不完全な形をしているのかというと、今回はこのような↓ポーズのイメージが先にあったからです。
(今回の展示ではそうなっていませんが、このポーズをさせて真上から彼女を見おろすのが、彼女の正しい鑑賞方になります。)
SH3D03520002.jpg

個人的にお洋服を着せたり動かしたりできるものに愛着が湧くので、今回も少しだけ可動します。

また、今回は珍しくタイトル的なものが秘かにあるのです。
「その鳥は生まれつき羽が生えていなかった」

・・恥ずかしい。流石にブログ記事のタイトルにはできませんでした。
ここを読んでくれた方はそっと察してやってください。
(くれぐれも本人の前でこの呪文を唱えないように。)

塗装直後。9体目さんと一緒に。
とっても眠そう。疲れたのね。
SH3D0361.jpg

そしてメイク&髪貼り後
今回は初の困り眉&1体目以来の前髪ぱっつんにしました。
前髪ある子も大好きなのに、なぜか1体目を除いて、ワンレンばかりだったという・・。
SH3D0409.jpg 

「う・・、苦しい。首が締められる・・」と言われているような。
首ついてませんが。
SH3D0408.jpg

写真では分かりづらいかもしれませんが、瞳をウルウルさせてみました。
教室展に来てくださる方は、是非覗いてみてくださいませ。
泣き虫ちゃんなので、抱っこされてのお披露目となっております。
SH3D0454.jpg


ということで・・私にとって、記念すべき10体目となりました。
SH3D0425.jpg

人形を作り始めるまでは、創作なんて全く考えたこともなく。
学生の頃に初めて見た創作人形に一目惚れして、お家でグーグル先生に聞いたらとっても買える値段ではないとわかって、あんまりにも胸が苦しいから作り始めてしまいました。
しかし、思ったよりも人形を作るって色んなことができなくちゃいけないんだなと、最近実感しています。(中学生の授業中、美術の先生に「あなたの絵って、古代人の壁画みたいね!」と言われたのがそれまでの美術の記憶でしたし・・。)
でも、なんとか10体目が完成しました。今でもやっぱり人形に恋をしているみたいです。なんてこった!困りました。胸が苦しいです。

まだまだ日々精進しなければならないようです。恐るべし、人形道。


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。