妄想旅行とお写真と

2011/05/29 17:44
レインスティック


雨の音が好きです。

昨日は写真部の頃の友達に人形の写真を撮ってもらいました。
作成中のホームページ用に。

13時から始めて気づけば20時・・。
色々模索しながらの作業だったので、思ったよりもかかってしまいました。
SH3D0298 - コピー
今は空き家となっている親戚のお家で作業してたので、暗くなると段々怖い雰囲気に。(画像は昼間ですが)
謎の破裂音・蚊・ハウスダスト・柔らかな足場にも負けず頑張りました。

なんだか、創作人形を知るよりもっと前にブライスにはまって、携帯のカメラで一生懸命可愛いショットを撮ろうと頑張ったことを思い出しました。
ブライスは笑ったり悲しそうにしたり何か考えているようだったり、色々な表情があってとても魅力的でした。
今もブライスは大好きですが、表情というよりはカスタムのセンスの良さに盛り上がっていたように思います。
ティファ曰く、「人間ってなんてたくさんのものを心にしまってるんだろう。なんて多くのものを忘れてしまえるんだろう・・・」だそうです。
展示とは違った勉強が出来ました。


ライフストリーム

ティファで思い出したけれど、この前草津に行きました。
ライフストリームのような色。
SH3D0214_2.jpg
初めてカピバラに触りました。バサバサしている。
しかし、この何かを超越したような目がたまらんです。
SH3D0217_2.jpg
旅館にあった面白いポスター。
SH3D0212_2.jpg
そういえば、行った頃は山の下は桜が咲いていて温泉付近は雪が残っていました。
寒い中試食するほうとうが美味しかったです。あういう食べ物は好きです。
なんかよくわからないけど、夜はこんな感じで。
SH3D0210.jpg
夜の街並み(旅館並み?)が素敵でした。ぜ・・・零みたい!!(またも画像は昼ですが・・)
SH3D0215.jpg
日本のホラー映画とかホラーゲームの雰囲気が好きなので、こういうところはどきどきします。
ゾンビよりも幽霊が好きです。だって幽霊のイメージって羽衣のように向こう側が透けて、繊細で悲しい感じがするもの。
ホラー映画では普通に実体のものが多いですけれどもね。ちょっと幻想さに欠ける気もします。

それと、帰りに鬼押し出し園によって帰りました。
SH3D0223.jpg
見ての通り、浅間山の噴火で飛んできた溶岩がひたすらゴロゴロしているという場所です。

鬼押し出し園のホームページを読んでいて知ったのですが、この鬼押し出し園という名前の由来は浅間山に鬼がいるとされているため自然とそう呼ばれるようになったそうです。
鬼が押し出したってことですよね。鬼が押し出されたのかと思ってました。
というわけで、鬼押し出し園に鬼がいるという訳でもなさそうですね。
ただ、お土産屋さんに溶岩から作った鬼の置物が売っていたので買ってしまいました。
この上から四つ目の写真の種類のものです。
http://blog.princehotels.co.jp/manza/2011/05/post_631.html
お土産やお祭りで見る鬼は大抵ユーモラスな顔をしていますよね。
本気モードの鬼の置物やストラップって見たことないです。

そんな感じの小旅行でした。
惜しむらくは人様にあげるはずだったお土産を殆ど自分で食べてしまったことです。
自分でも驚きました。アンビリーバボー!
いや、もしかしたら、鬼が食べたのかもしれない。私の心に巣食う鬼g・・・(省略)
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home