根室記念館

2010/09/20 12:48
昨日は北村さんと目黒寄生虫館と東京ミッドタウンに行ってきました!

北村さん可愛えぇ。涼しげな目元。内股。小さいお口。つーか何歳?!
同い年くらいだと認識しているんですが。
いやはや、大人しい生き物みたいな方でした。


目黒寄生虫館は意外と人が多くて、賑やかでした。
特別展でゴキブリの標本がありました!
ゴキブリといえば野毛山動物園で確かいろんなゴキブリを飼育していたので好きな人は楽しいのかもしれません。入園無料だし。あとハツカネズミが触り放題!

寄生虫ってダニとか蛭とか蚊も寄生虫なのですね。完全に白くてニョロニョロしたやつとか微生物みたいな形のやつしか想像していなかったです。
印象的なのがフタゴムシでした。幼虫のときに出合った相手と一体となって、そのまま生涯を送るという、なんともロマンチックな寄生虫!
見た目も蝶のような形をしていて、目黒寄生虫館のロゴにもなっています。
二匹(‥匹でいいのでしょうか?)でくっついて蝶の形になるなんて、どこかのラブリングみたいじゃないですか。
あ、そういえばお土産見てくるの忘れた。

東京ミッドタウンでは"これも自分と認めざるをえない"展をみてきました。

体験型の作品ばかりで楽しいのですが、並ぶ時間も長いので平日の方が周りやすいかもしれません。
自分のデータをカテゴライズされるのがなんだか楽しいです。そして指紋の池に不思議な愛着を感じます。

これは11月3日までやっているので空いてそうな時にまた行こうかなー。
その時まで私の指紋は泳いでるだろうか。一日だけかなぁ。


という感じで、北村さん有り難うございました。関東圏出身なのに右往左往してすみません。
次回は是非三人で!

今日は少しぼうっとしています。空が曇って白くてなんだか遠くが曖昧で、時々私の心を映したのかと思います。
毎日ランダムに誰かの心を映していたら楽しいのに。こんなに大きなスクリーンに美しいとか激しいとかが映されているのに、本人も気付かなくて、でも関係ない人たちが勝手に感銘を受けたり憤慨したり‥いやはや、妄想ばかりで困ったものです。
妄想がなかったら私はすっかり芯が折れてとっくに死んでいたと思います。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home