先程から執拗にドアを開ける音。

2010/06/19 00:54

新入り。
SH3D0030.jpg
この子は現在携帯の待ち受けに設定しているのだけど、画面を眺めているともっとよく見たくなってしまって、お家に帰りたくなります。見るほどに可愛い子ですね。でもこの子もきっと生きている時には好きになれなかったのだろうな。
悲しいことに、虫は映像か死骸しか好きになれません。


なんかこの記事を読んでいた時に、
「葬式とかでも逆に笑う日本人の考え
 外人には理解できんらしい」
というのがあって、「ん?そうなの?」と思った。
なんか生前自分の好きだったものの形の棺桶とか作る国なかったっけ?
よく覚えてないけど、楽しそうな雰囲気があったような気がする・・けど、それは棺桶が楽しそうに見えるだけで違うのだろうか。
ともあれ、私が自分の棺桶の形を考えるとしたら、マトリョーシカみたいな棺桶がいいな。それで開けても開けても中身は入ってないの。そこには気持ちとか残り香のようなものしか入ってない。肉体は棺桶なんかじゃなくて、誰かの養分になるとか土になるとかして世界に消化されたい。
死んでも密室に閉じ込められるのはなー。まあ、死んだら関係ないけどね。


携帯カメラで撮った人形の写真を暗くしてコントラストをはっきりさせるだけで、ホラーチックになるということがわかりました。ので記念に。
SH3D0033.jpg
上の写真は零にでてきそうな色合いで、下は月面みたい。(主に額)
SH3D0035.jpg
写真を撮る魅力はよくわからないのですが、加工は色々な印象が見えて面白いと思います。
大学の頃も、暗室でどの明るさにしようとか選んでいる時が一番楽しかったです。
まあ、基本的に面倒なので写メの加工なんかやらないのですけど。


本当にうるさいなあ。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home