綺麗なものは手に入れたくなる

2007/05/20 01:01
ましてやそれが、目に見えぬ手で触れられぬものならば余計に燃ゆる我が心。

どうも。気質は変態、心は健全、雨森です。

私は男だったらよかったのになぁ、と悔やまれることが多々あります。

まぁ男だったら男で女になりたがったことなのでしょう。女の立場を有難く思うこともまた、多々あるのです。

まぁ男にしろ女にしろ、源氏の君のような阿呆みたいに素晴らしい人になってみたいものです。お召し物が透けて見えた肌の色の美しさに遠くで見ていた老人が涙したとか凄すぎて想像つきません。しかもなんだかエロティック。煩悩の塊じゃねぇか紫式部、万々歳。

見た目も勉強も音楽もセンスも群を抜いて素晴らしく、身分も高いとか半端ないです。源氏すげぇ。
日々理想の女を物色しつつ、綺麗とあらば子供を愛で、見た目も中身も優れた男がお側に仕える。なんたる耽美。
そして大抵のことならば源氏の素晴らしさに脱帽して許される。

そんな人間に、私もなりたい。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home