ゆめにっき

2010/06/11 00:29
mother2とか3とか零3の実況でたびたび「ゆめにっきみたい」というコメントがあったので見てみた。
部屋から一歩も出ないでひたすら夢の中を歩くゲーム。ストーリーとか目的に関してなんの説明も見受けられないのだけどググってみると一応エンディングがあるらしい。
↓恒例の引用


本当に夢の中みたいな雰囲気。背景のよくわからない感じとか、突然場面が切り替わるところとか、意味がわからないところとか。
ところどころでてくる絵の感じが好きだな。なんとなく、束芋という人の作品を思い出した。
こういうのはホラーテイストでなくて、淡々としているところがいいですよね。
西岡兄妹を例にしたら分かりやすいのだろうか。意志の汲み取れない、淡々とした不気味さ。
小さい頃に笑うせぇるすまんを見たときの後味みたいなものでしょうか。
・・。少し違うか。

多少、血とかナイフとか直接的なものがでてくるにせよ、基本的にわけのわからないもの(あるいは総合して見るとわけのわからないもの)で怖いものはないはずなのになんとなく不安になるのがすごくいいですね。
上では不気味と書きましたけど、実際は不安とか不穏とかは感じても不気味とは思いません。
答えが与えられない不気味なものというのは、エクスタシーを感じる直前のような深い魅力と興味を持ちます。
それを追っていくと、自分の核心に繋がっているような気がしているからかもしれません。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home