スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敬老日和

2009/09/23 09:34
20090923093357
たまに、と言う程もないけどもごく稀に、腸が全てを排出しようとする。凄い苦しみだが腸なりのリフレッシュなんだろうね。しかしもう少し穏便にできないのだろうか。

断続的に痛い訳じゃないんだ。まぁ、なんか、活動してんだろうね。収縮活動というかさ。そしてその活動に伴って起こる貧血。本気で魂が持ってかれるかと思った。

ある程度落ち着いて、同期の子に薬をいただいて、帰り道。

①バス→混んでる
②電車→混んでる
③駅のお手洗い→混んでる
④ホームのベンチ→満杯
⑤電車→混んでる

老人が多いと何も言えない。
バスの中でお婆さんがお婆さんに席を譲る美談を横目に貧血が襲ってきてなんかもう頭も唇も真っ白だった。駅のお手洗いは私の番で「ここは清掃するのでもう少しお待ちください」と言われた。ホームのベンチには、たくさんの老人が敷き詰められていて、唯一空いてると見えた席に近付いたら荷物が置いてあった。口で言わなければ伝わらないこともあると、そんな言葉がよぎったが、電車がくるまで僅か5分ちょいだし。

いや、駄目だった。しゃがみこんだ。
ホームでしゃがむと駅員さんに話かけられるということがわかった。恥ずかしくて真っ赤になったかどうかは自分ではよくわからないが、(何しろ顔を上げた景色はかすかに銀色がかっていて相手の顔色もろくに伺えなかったんだ)、頭の後ろから更に嫌な汗が吹き出したので会釈して電車に飛び乗った。

ごく稀にしかない腸からのアピールなので、まぁ仕方ないのだけれども、もう少しソフトにお願いしたい。痛いとか、大量の汗とか、そのくらいで勘弁して欲しいのだ。
今はすっかり落ち着いてゴロゴロます。むしろ早退して申し訳ない。

ともあれ、同期の子が脱水症状にならないように水買ってきてくれたりして、いつぞやのお母さんみたいで、もう本当に感動した。
自分のことを卑下したりしているけども、彼女はいろいろ気のつく素敵な人だと思う。

あーああ。全部吐き出したらお腹すいたな!
(基本的に、凄い生命力)




‥という日記をもやもやついでに書きなぐった翌日、仕事から帰ると猫がケロケロしてた。
戻すことは初めてじゃないので、脅えはしなかったけど、こいつは一人で苦しい目にあってたのかと思うと悲しくなった。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。