→BAD END

2009/07/20 17:51
→HAPPY END
→TRUE END

何故だか毎回バットエンドの連続で、主人公だけがのうのうと生き延びるような連載が好き。

少年が孵化する音、が出てたので久々に買ってしまった。絶対探せば家にあるんだけど、小学生だか中学生の時にとても好きだったのでつい。毎回フリフリ綺麗な淑女とか出てきてたまにほんのりエロスで誰か死ぬから。あとなんか当時伯爵に憧れてたから。ドラクルオラクル。

エヴァ見て水族館行きたくなって、ハルヒ見て天体観測したくなって、望遠鏡なんか持ってないことに気付いてプラネタリウム見に行きたくなって、そんなら少年科学館だろうあそこならモグタンのビデオ見れるしJ行こうとこの場で言っても仕方がないんだ後で直談判しにいこう。

カテゴリー分けってあるじゃないですか。あ、まぁ話が唐突なのはいつものことなんですがね、ともかくブログの記事をカテゴリー別に振り分ける機能を常々利用したいなーと思っているんですよ。

で、まぁたまにカテゴリーまでは作るんですけどもね、困ったことに分別できないんです。
だって一つの記事の中で内容が統一されていないんですから。

だからね、内容で分けるのは困難なもんで書いた場所別とかなら分けられそうな気がするんですよ。

・中
・外

とか、ね。それで気が付いたんです。果たしてそのカテゴライズは読者にとって、(或いは読者としての自分にとって)、メリットがあるのかってね。

まぁ、ないわけなんです。

なので、いつまでたってもここはごちゃごちゃのまんまです。いつまでもこのごちゃごちゃというタイトルから抜け出せないんです。

そしてたまに思うんですけど、「まぁ」、「~けど、」って癖だと思うんです。
だからあまり使いたくないんですけど、どうしても使っあっ、ほらまた。

プライベートじゃない部分で忙しくなると、そっちにのめりこんでしまって、急に早く帰れたり、或いはこの三連休とか、何をしたらいいかわからなくなるんです。

DVD見たり人形作ったりジョルジュビゴーの写真展とか写楽の肉筆画とか見に行けばいいんですけどね。

ともかくプライベート的なやる気が出なくなるのでそんなら休もうと思ったんですが、半日家でゴロゴロしてると頭痛くなったので追われるように徘徊にも似た外出をして、同じ失敗を繰り返すまいと次の日は昼間から鎌倉へ行って太陽と汗で露出した皮が痛くなって、今日、今、このコーヒーショップで本を読んでいたらやっと色々なやる気が出てきた連休終わりの17:34。

過ぎた日を遠目に見ながら今こうして奏でるBAD END。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home