スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

You are (not) alone.

2009/07/13 00:10
そういえばネコ喫茶に行った。
neko.jpgneko2.jpg


ネコハーレムでウハハな夢を見た後だったので、まったく白昼夢なんだろうこれは。という感触だった。

でもね、この前ウサギを見てたらウサギも可愛いなと思ったんだ。
ウサギは、前に飼ってたウサギだけが異常に好きで、他のウサギは別になんとも思わなかったんだけど、この前見た子はいきなり隣に座ってダラッとくつろぎだしたのね。スーパーマンスタイル。その感じが飼ってたやつに似てて、愛らしかった。そしてなんだか、虚ろだった。彼はもう失われてしまったから。

自分と他人という言葉とか、許容とか共有とか拒絶とか、そんなことばかりに気を取られて、いつでも何にも出来ないんだ。それもいいけどね。

どっちもどっちなんだと思う。

この前ね、2・3日前かな。いや、2・3週かもしれない。まぁ時間軸なんてどうでもいいんだけどもね、ともかく、朝の電車で面倒だなぁって思ったことがあったわけ。
でもまぁ別にそんなこと人に言うどころかブログにあげる価値もないというか、まぁ億劫だったんだけど、それでも少しはモヤモヤとしてたのよ。

文句があるなら時間ずらせ、とかね。主に自分に向かって言ってたわけだけど。

で、まぁそんなことばっかり考えてても不愉快だもんで、携帯から人の日記を開いたのさ。そしたら、似たようなエピソードを書いてる友達がいたわけ。

なんかさ、人のこととなると素直に怒れるんだよね。自分のことでも瞬間的にムカつきはするけども、直ぐに消防隊がやってきてそれを浄化しようとするのね。
あとは自分の器が小さすぎるんじゃないかと恥ずかしがって無理矢理広げようとしたりね。嗚呼ん、見苦しっ。

人のこととか気持ちとかってどうすることも出来ないから、多分それが嫌なんだ。
だって基本的に自分のことは自分で解決する必要があるじゃないですか。
だから凄くもどかしいし、それが誰かから付けられた傷だったら「チクショーなんでこんな酷いことするんだよ」って思える。
(自分の場合は、人様に対して劣等感を抱いている、というネガティブながらも一歩引いた(なおかつ偏った/誤った?)視点で自分に起きたことを見てるので、意外と色々受け入れられる。)

まぁでもニコニコしてばっかいても成長出来ないしね。ウジウジしてばっかいても成長出来ないけど。
人間て難しい。それと、煩わしい。

人間同士だとさ、自分の中の曖昧なものを一回言葉で無理矢理具体化してそれを共有しようとしてしまうのね。出来るかもしれない可能性に期待したくなる。たまに。

動物だとそんなことする気にならないからただ可愛がれる。

猫は結構自己表現が激しいけど、ウサギは、少なくとも家で飼ってたウサギは感情表現とか殆どしなかったし、いつも穏やかで、ボヤボヤしてて、びっくりするほど鼓動が速くて。
鳴かないし、表情もない。草食動物だからかもしれないけど、人と対面して座って人の目を覗き込むこともなかった。
大体隣とか、少なくとも同じ部屋の何処かにいて、歩くと常についてきて、でも自己アピールみたいなことは全然しなかったような気がする。
そんな不思議な距離感が私とウサギの境界線を曖昧にして、凄く居心地がよかったんだ。

「二人で居るのに一人みたいな、でも一人じゃないみたいな感覚がする」って前に人に言われたのは、今思うとウサギに習ったコミュニケーションなんだな。
ああ、ウサギ大好きだったなー。死んだ時は気にならなかったのに、今悲しくなるなんて不思議だなー。
結局ウサギっていう名前だったなー。

合掌。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。