スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケケケケ

2009/06/01 07:21
・なんだか隣の関西弁の小話がいちいち癪に障るので気晴らしにブログでもこーしんしようかなー‥、と。

・「毛皮のマリー」、マメ山田がちょろちょろしてて可愛いかった。可愛い過ぎて阿呆かと思った。ちなみにこの場合の阿呆は私に向けられている。コケコッコー!

・友達のライブ行けなかった。私はしばしば無計画である。

・人形を毎日一時間だけ作る努力をしてみようかなぁ、と思う。「毎日」も「一時間」も何気なくハードルが高いと思っている。

・コーヒーショップにて、私がさる「手」とか「男」などがつくお方に手紙を書いていた時分だった。気が付くと隣の席に、まぁ服装に気を遣ってはいるようだけれど、あまりセンスもよくなければ立ち振る舞いも些かわざとらしい30代くらいの男性二人組が着席していた。「俺ってさ、女遊びとか結構好きな方だし、すぐ女振ったりする奴だけど、昨日は本当に寝るつもりはなかったんだって」などと言いながら、マイルドセブンスーパーライトの煙をおもむろに吐き出す姿が横目に見えた。実際のところ、コーヒーショップに長時間居座っていると、男女共にこういう話をする人は決して少なくない。ただまぁなんというか、片腹が痛くなることも必至なので良心が痛む。

・やましい。やましい。自分のブログやら内面がやましいって、「どこら辺が」、なのかと言うと、まず第一に、発想がやましい。湧き出る発想がやましいと、それを不快に感じつも、その不快の念すら快楽に感じるところが恥ずかしい。秘技、悶絶!

・悪夢を見る度に「もう悪夢なんて!」と恐怖を噛み締めるのだが、悪夢を抜き出したような作品ばかりに惹かれるのは何故なんだろう。

・束の間の絶望。

・ロボットよりアンドロイド、perfumeよりcapsuleが好きなあたくしです。ちなみにルパンの映画ではクローン人間の話が一番好きです。e・d・i・t!

・そういえば、少し前のケライドさんの記事に、座敷わらしみたいな顔、というワードが出てきて、なんとなく岸田劉生の野童女を思い浮かべていた。
yadojo.jpg
座敷わらしはどちらかというと市松人形のようなイメージだろうか。どちらにせよおかっぱには変わりない。

・時間を有効活用してないあたくしが「時間が欲しい」と言うのは負け犬のなんたらと同じようなものと認識しているのだが、飲み込むより前に出てしまうことがある。しかし、時間ばかりあってお金も未来もない昔よりは今の方が余程改善出来る気がする。

・世の中の可愛らしい金髪少年は、皆セーラー短パンハイソックスで七三分けになればいいと思っている。フォーマルでも可。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。