三日前

2009/03/24 23:46
「人間とか存在するものってなんでこのままでいられないのかな」

「神様がいないからだよ」

不安な時はあまりしてはいけないような気がしている、もっと不安なことを考えて今の問題を軽くしてしまおうという作戦をしていた。不本意という名の成功。

あーそっか、全部消えてなくなっちゃうのかーと思うと、一瞬の安らぎと、無限の恐怖を感じます。

大人になれば死ぬことは怖くなくなる‥或いはその恐怖について考えることはなくなるのかもしれないと思ってもいたけど、そんなこたーないな。
大人の方が死に近づくんだから考えるのが子供より多くなるのが自然なんじゃないか。

「あー、もうなんで!なんで!!」

とぐるぐるした後、

でも初めから私が私と対話することが出来ない(或いは出来ないと考えられている)ものになっていたら。

例えば私が猿だったら、机だったら、空だったら!


「凄く、淋しい」

自分を自覚することが一度もなかったら、たまらなく嫌だな。だったら生きて死ぬ方がいい。

水だ風だって言ったって、今人間でいることがとてつもなく重要な大前提なんだ。(かぁっこわりぃ)

現在私は目の前の不安から逃避しているわけだけど、逃避したその後もまた現実に戻りたくなるんだ。

ただいま、

おかえり。

言い訳を踏み台に前へ進むのもいいじゃない。ど~しよもないし、止まるよりいい。
不安なのは自分が悪いんだから、このまま抱えてたらいいさ。
嫌でもそのうちどうにかなるんだ。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home