スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走り書き

2009/03/05 15:58
やっぱり、やっぱり私は人よりネガティブなのかもしれないな。

昔、どうして皆は普通のことを卒なく普通にこなせるんだろう、と喚いた後、いや、人だって私と同じようなことで不安に思ったり辛かったりするんだろうな。
それでも、そういうことが普通であるから、人前で喚いたりはしないんだろう。同じ不安があってもギャースカ言ってるのは私だけなんだわ恥ずかしい。

まぁ他の人も日常の些細なことで感情が上下しているんだろうなー、と思いはじめてから、「よかった、私も普通というレベルに馴染めるように頑張ろう」と安心したり、してたんだけど、今更わかった。私、人よりもネガティブなんだー。

決して悲観主義ではないつもりだけど、臆病ゆえのネガティブだと思う。

アレもフアン、コレもフアン、フアンはコワイ、コワイはキライ、キラキラキラァイ。

今までずっと投げやりな感じでやってきて、それはとてもたくさんの苦しい時期と崖っぷちのやたらハイな時期との落差が激しくて、それでも「まぁ当たって砕けたら砕けたでいいんじゃね?」という気持ちの一点で結構楽になれた気がするんだけど、投げやりじゃないやり方の模索は、やたら絶望というイメージが現れてくる。

投げない、という絶望。
投げやりでハイになってる時の力は隕石みたいに加速する爆発力があって、そういう力を自分でコントロールできるようになれたら、能力的に凄く強くなれそうだし、自信というものもつきそうだな、と思って絶賛実行しているわけなんだけど、今までの適当でなんとなくだらしなくそれとなくだった私の色々とはあまり違って、「逃げたい」という気持ちと「逃げても悪化するだけなんだから、前見ろよ」という気持ちと、「よーし、わかった。落ち着こう」という気持ちの三つ巴ばかり勃発しているような気がします。

投げやりな時は「逃げたい」と「どう行動するか」というどちらかの気持ちが極端に高まっている感じだったんだけど、「逃げたい」時はひたすら逃げていたし、「どう行動するか」考える頃はだいたいギリギリの決着がつく寸前なわけだっんですね。
たぶん人間は一時の苦労に強いんだと思います。



 ̄ ̄ ̄

いつ書いたかよくわからない文。中途だけど直す気もなく。なんか途中から自分を正当化させようさせようとしてて虫酸が走るな。核心から反れよう反れようとしている。

まぁ正直ブログは、私以外の人も見ているし、他の人には核の部分は見られたくない怖いな、と思ったら別にそこらへん曖昧にして投稿するのもいいと思ってるんだけど、自分が見ると凄くムカつくなコレ。

そして今から思うと、ネガティブというか、要領が悪いのと現実から目を反らし気味なせいで、ネガティブにならざるおえない状況によく陥ってしまう、という方が正しい気がする。
ネガティブも臆病も勿論正しいけどさ。
ネガティブはただの悪循環の一部で、根本的な問題ではない気がする。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。