スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パグとおじいさん

2009/02/21 01:08
地元の駅をよく散歩しているパグとおじいさん。

足が悪いのか靴下を穿いて不器用に歩くパグとゆっくり歩いては休みゆっくり歩いては休むおじいさんの歩調がとても合っていて、彼らを見ると少し嬉しくなります。

前におじいさんがパグを抱っこしながら「靴下がない靴下がない」と泣きそうな様子でウロウロしていた時は少し悲しくなったけど。

今朝は久しぶりにそんな彼らが散歩するのを見かけました。
ついに歩けなくなってしまったのか、ベビーカーのようなガラガラに身を乗り出しながら散歩を楽しむパグ。と、充血した目に無表情でのっそりとガラガラを引くおじいさん。
おじいさんの鼻から伸びたチューブが、ガラガラに取り付けられた装置に繋がっている。一体何があったのだろう。でも、パグとおじいさんはますます一心同体になったように見えて、不思議な感じがしました。

真夏とかはパグが駅のタイルにペタッとくっついて潰れた蛙みたいな体勢をしていて可愛かったんだけどなー。その隣でおじいさんが放心したように人柱になっていて。
おじいさんはともかく、歩かなくなってしまったのではもうパグのあの休憩スタイルは見れないのだろうか。

でも今のスタイルも格好よくて嫌いじゃないな。

全然関係ないけど、ヤンシュバンクマイエルのコミュニティのトピックになってた月から来る子供の目玉を取り出す妖怪(?)が今とても気になる。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。