---

2009/01/06 00:18
なんだか。

最近はマンガやらアニメやら、面白いと面白くないの間をひたすらにゆらゆらと漂ってばかりいる。

ぼーっとしている。

ますます、考える、ということから逃げたがっている。
マンガもアニメも単調な作業も、何も考えないでドロォと溶けていられるからいい。

元々、人よりも物臭で、気が付くと行動することから逃げることばかり考えている性分なので、毎日、というのはとても大変なことなのだ。
好きなことですら、毎日、は疲れる。
時間を無駄にすることをうだうだと嫌いながら、時間を浪費して過ごしている。

本。本が読みたくなる。
こんな時は本の世界に浸ってしまおうと、何ページが繰ったところで、不意につまらなくなる。
読んだからなんだっていうんだろう、時間を無駄にしているだけではないのか、お話は所詮お話ぢゃないか。
などと、急に白けてしまう。
それでも、本を読んでいる時の空想の面白さが忘れられなくて、横長の白い長方形に目をやる。
すると、やはりくだらなさが込み上げてくる。

やる気はなくても、不安が湧く隙間を埋めようとして、再び面白いと面白くないの間の機械的な運動に取り掛かる。

ああ、自堕落なのは今に始まったことではないけれど、本を読むことに、それも
内容がつまらない読みにくいということじゃなしに、全く白けてしまうなんて。
ソレはあたかも無関心の化身のように、つまらない人間になってしまったのだろうか。














スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home