スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間という病気に取り憑かれているんだ、どうしようもない。

2008/11/02 07:53
頑張ったら報われるんでしょ?お願い救って、救ってよその手で!神様!

そんな身勝手なことは考えたくない。何が起こったって仕方がない、どうしようもない。存在するという宿命なのだから。

頑張ったら不安から解放されるということは有り得ないけれど、不安を紛らわすために頑張ることは出来る。
なんて、
なんて、
まるで呪われている。

ドグラマグラのような循環。

絶望的に呪われている。

―――

ハロウィンパーティーはエスパー伊藤が格好よかったです。へへっ、いいだろう生エスパーだぜ羨ましいだろう!

あとはとても楽しく踊った記憶があります。クラブ=ギュウギュウにひしめきあうイメージだけどもあれくらい広いと踊ってて楽しい。はたから見たら寂しいのかもしれないが。

今日は今日で回線の工事しに来るため高速で部屋を掃除したのに結局色々ひっくり返された悲劇の後、学園祭に行ってきました。

駅から学校までの距離、この薄暗さ。
基本的に授業にでていなかったので、そのまま部会に参加していたのですが、なんだかその頃がフッとフラッシュバックしてしまいました。

皆が帰路を辿るなか、私は有り余るネガティブと人前嫌いの被害妄想とを悶々と抱きながら、学校へ向う。

‥なんて、オール明けにそんな気分はさらさら耐えられそうにないのでタクシーで登校。
行った頃には終わっていたのだけど、迷惑ながらも後輩の写真をゆっくり見てきました。
相変わらず作品のことは私にはよくわからないままで、ろくろくコメントもしてあげられなかったのだけど後輩たちにちやほやされていい気になって帰ってきましたすいません、中途半端な時期に辞めたOBとも言えないような存在なんですが。

内向的真っ盛りだったので後輩には全く何も教えてなかった気がするし、話もなかなかしなかったような気がしますが、顔を出すとなんとなく寄ってきてくれたりして逆に安心感を与えられているような気がします。

去年はまだフワフワしてたはずなのに、久しぶりに会ったら強くなっていて可愛いくなっていて落ち着き故の気だるさを醸していて、それが四年の宿命なんでしょうか。
なんだか、自分が四年だった実感がありません。たぶん学生の頃の自分なんて嫌過ぎて抹消されたんです。ハハハ

来月も写真展やるし、四年生の最後の写真が楽しみです。良し悪しはわからなくても、どのくらい頑張って作ったかって、作品と作品を見る本人の雰囲気を見ればなんとなくわかると思うんです。なんかそれを見ながら「そうかー、君はこんなに頑張ることが出来たんだね。凄いなぁ、嫉妬するぞコノヤロー」とか内心思ったりするのが自分にはとても必要な気がしています。そういう人を見ると自分が恥ずかしくなって、自分を塗り潰すために足掻く気力がでてくるし。

自分との闘いとか出来ない人間なんで、とりあえず追い込ませ作戦です毎回。‥はっ、だからもたないのか。頻繁に燃え尽きるし。

まぁなんか、そんなことを思いながら帰り際に本を買って読んでいたらうっかり引きずられてしまいました。
が、色々回想しながらこれ書いてるうちに落ち着いてきたぞ。そろそろ帰ろうかな。
明日も人形教室の人たちとダンスを見に行くし!

例え絶望的に汚い部屋が待っていようとも。
そして朝風呂場にて左足の親指に向かってスノコを縦に落下させてしまったせいで、親指がとても腫れて歩くのがなんか面倒くさいことになっていようとも。

―――

今とてもどうしようか悩んでいるのだけど、本の居場所について。漫画と文庫が溢れているし、何より写真集やら画集がとてもかさばるし、それなのに今日も本買ってきちゃったし、皆は一体本の収納ってどうしているんだろう。

なんか今日、工事のために本棚動かしたら後ろの板が抜けそうなほど膨らんでいて、というか既にちょっと本が見えていたりして、恐怖を感じました。
そんなに脆い本棚ではないのに‥。怖い。

どうしよう。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。