スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だけでいいから精一杯仲良くしようよ

2008/10/26 00:53
「いなくなるくらいならちかづかないで」

なんて、なんだか私の性には合わないな。
そういうことを言う人は好きだけど、ずーーっと死ぬまで一緒に居るって考えるときっと急に色んなことを我慢出来なくなって口をききたくなくなるから、なんだかそれはとても怖い。

私は飽き性で気分屋だから、一緒にいるときはなるべく仲良くしたいなーと、そんなことを思います。

今日は今日こそ色々探すぞと思ってあちこち歩いたのだけども、目的のものが何一つ見つからなくて驚きました。
何だかやるせないので、にわかに気になっていた市川崑のこころをかりてこうかなーと思ったら調度かりられていた。

別に市川崑にもこころにもそんなに大した思い入れはないんだけどね、(漱石は文展と芸術のイメージが強すぎる)、先生がとても好きなんです。大好きなんです。
正直実写とか勘弁してくださいっていうほど幻想を抱いています。先生って私の中では世界で一番文学的な人で、一番理想の人です。

でも何故か、先生の名前をKと誤解するイメージがあります。Kというと先生を思い出すし、Kってどこか世界に適応しきれない儚いイメージがあるじゃないですか。Kの葬列のKとかKの昇天のKとか。でもこころに出てくるKは儚くないんですよね。ゆらゆらなんか認めないぞ、常に克己!みたいな。どちらかと言えば三島由起夫みたいな。
そんな訳で、都合よく私のシナプスは先生の名前をKにスライドさせて構築されているので、人前でうっかりこころのKみたいな人が好きですとか言ってるかもしれませんが先生が好きです。

文学も芸術もちーとも私にはわからないし、「俺、アートとか好きなんだ」とか言う人には(ぎゃっ、なんだか煩わしい)と割と思います。知らんよ。写真展なんか行っても良さがわからない。
絵も、マグリットらへんのユーモラスな絵は好きだけど、それ以外はあんまり良さがわからない。(ゴヤは子供の頃、実物を見てからトラウマ的な意味で惹かれる)
あ、山本タカトは好きだな。美しい。

なんだか、リアルな絵とかって「わー、うまーい!」っていう域を出ないんだけど、それは単に私が絵の見方を分かってないからなのかな。
写真も写真で「これ超格好いいね」と言われても、他の写真と見分けがつかなかったり(なんか似たようなのどっかで見た気がするな)、或いは(‥……。どこが?!)って思ったりする。ことが多い。始めは色彩が奇抜でポップな写真とか良いなぁと思ったけど、なんだか近頃は少し苛々する。

根暗な割に繊細じゃないんで、なんかこう極端なものしか見分けがつかないみたいです。
それでも写真部入り始めた頃ぐらいまでは(センスのないものなんて、好きであってたまるか!)みたいな精神で、中途半端だと認識したものは吐き捨て、素敵だなぁと思う人が好きなものとかを色々見に行ったり、無駄にわかりもしないのにギャラリーに通ったりしたよ。したけどね、まぁわからんものはわからん。芸術はわからん。

センスとは、生まれつきのものより経験によって研ぎ澄ましていくものだと考えているけれど、方角によってはなんも開花しないこともあるのかもしれないなぁ。

しかしね、芸術はわからないけど、芸術家は好きです。感情が激しそうだから。
人間は葛藤している時が一番美しいんじゃないかな、と思います。激しい感情ほど幻想的なものはありません。あ、いや、皮肉じゃないです。幻想的って自分の中で掴めなくて美しい神秘的なものってイメージがあるので使ってみただけです。
あっ、そうか。目の前で友達が泣いたりすると不謹慎にも綺麗だなぁとときめいてしまったりするのは、その激しい感情に対して、なのかもしれない。

インドラの槍が心臓に突き刺さったような衝撃と、その後、光の燐粉が舞うのを見ているような感覚がします。

私が人形を好きなのも、激しい感情を抱かせてくれる材料だからかもしれません。
人形って絵と違って触れるし、抱っこだってできるし、なのに、絶対私のものにならない。そんな気がしています。(でもなまじ触れるから人形って好きなんですけど。)

可淡さんの人形なんて、同じ空間に居るはずなのに幽霊を見ているような感じがしませんか?あれ、私だけ?
筒井康隆の短編に母子像っていうのがあるんですけどね、確か、妻と子供があるきっかけで別の次元に連れていかれてしまって、時たま夫のいる空間とリンクしているらしくぼうっとその二人の姿が母子像のように現れる、みたいな話なんですが、私は可淡さんの人形にそんな印象を受けます。陽月さんの人形も、どちらかといえばそんな感じかな。
恋月姫様の人形はむしろ異次元に連れていきそうなイメージがしますよね。それだけ彼女の人形には特別な実体の強さを感じます。普通人形ってどっか遠くを見てる感じだと思うんですけど、恋月姫様の人形は「めっちゃこっち見てるーー!」という感じがするし。

ともあれね、例えばそれらの所有権を得たとしても、彼女たちのことは、どこか別の次元のように感じると思うんですよ。

‥で、なんだっけな、姉ちゃんが雪見大福を買ってきてくれた衝撃で全て忘れてしまった。

「お前、雪見大福食べるの上手いなー。CM出れそうだよ。」

「まじで?!」

「ま、可愛いくないから無理だけどな」

「まじで?!」

雪見大福のCMのゆうこりん、とても好きです。

私もJが絶賛している市川雷蔵の源氏物語がみたいです。何あの写真。私も欲しいんだけど!(マルベル行けよ)
雷蔵さんが色っぽいのは今さら何も言うことはないけどもね、相手の女が妖艶過ぎる。かぁっこぃぃいいい!!!!
麻呂で格好いい人とか初めて見たよ。

そんな訳で大菩薩峠かりてきた。眠狂四郎よりこっちのが好きだな。
そして風の唄を聴けのDVDを見つけたけどなんか怖くてかりられなかった。世界の終わりとハードボイルドワンダーランドならかりてたかもしれないけど。

もし見た人がいて尚且つ意外にも面白かったら教えてください。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。