空飛ぶ眼球!

2008/03/25 19:33
20080325193347
・皆様へ

私は自分の好きなものを人にも見てもらいたいなーと思う方です。割と露出狂に近いです。
だってこれ学校の人も会社の人も見てるしね。

笑える。自分自重しなさすぎる。カラオケではKYすぎる。

で、露出狂だけども別に変態ではないので無理矢理見ろとは言わないです。
私のブログってさして面白くないしさ。

私のブログを知ってしまったりマイミクになったりしてしまった人でも、興味がなければ読まなくても全然構わないです。
読んでくれても全然構わないです。

・マカロン

卒業してきた。

美容院で小動物みたいな可愛い可愛いあっちゃんにクッキーもらった。手作りなのに売り物のようなクオリティ。うまうま

頭をモッコモコにしてもらいながらしみじみお話。生憎の雨。式典爆睡。

袴がスカート状になっているということに初めて気付いた。ズボンみたいなだと思ってたよ!みんな知ってた?

これからはもっとカラフルでマカロンみたいな女の子になりたいなー。もっとお洒落な人間になりたい。
まぁ、またすぐ気が変わると思うけど。

メルヘン目指すよっていったらあいの実が
「まぁ、いいんじゃない?一緒には歩かないけどね」
って最後まで辛辣。誓約保証書に最後までサインしてくれない姉ちゃんも辛辣。
でも有難いです有り難う。そんだけはっきり言ってくれるとこっちも気を遣わないでメルヘンになれます。あは

・a'

なんだか頭が前向きに社会を見るようになるほど、自分のメルヘンやら二次元やらゲーム度があがってゆく気がします。
昔はただの、ちょっとオカルト趣味な電波少女だった気がしたのに。

aで書いた気がするけど、本当に前向きでめっちゃ現実的なんだよ!
でもその反面頭に住む妖精の量が半端ない。
目を閉じることもなく幻想世界が見えてしまう不思議。

めっちゃ現実的な自分とメルヘンな自分がいて、(或いは昔一緒だったものが分離したのかもしれない。ともかく)その差がどんどん激しくなっていつか体が二つに裂けてしまう気がする。驚くくらい別物なんだ。
うまく表現出来ない、けど。

この口がどんな幻影を話したとしても、私はちゃんと現実的だよ。

どっちも本物なの。on/offじゃくて共存してる、という感じに近い。

・落ち着く場所/内蔵マフラー

なんだかんだ言ってもさ、

ズバーングチャーン

っていうのが大好きなんだよね。傷を作るのを見るのも好きだし、そういうのを見ると噛みつきたくなるし‥

「好きなの‥、好きなんです!」

グロテスクもアングラもエロいのも痛いのも大好きなんだ。

たまにこの趣味がとても嫌んなる。

「でも好きなの、好きなんだもん‥!!」

しょーがない。

いつもいつだっていつまでも病んだままなんだきっと!

だから私のことを好きになってくれる人はきっと録な人じゃない。
だから私は私のことを好きだと言ってくれる人のことを信じられない。

(なんで?私なら絶対好きにならないよ。ああきっと、録な人じゃないのだわ。怖い)

・普通

「玲奈は何系(の人間)なの?」
「え~?・・なんだろ、普通だよ」
「絶対普通じゃないし」

私「なんかあんまりインパクトのない普通なものってつまんないんだよね。」
友「普通って何?」

私も割とそうだけど、私の周りの人は普通って言う言葉にたまに敏感です。
人の事はわからないけど、私は普通に対して優越感を抱いたり劣等感を抱いたりします。

学生である自分は普通にたいして常に劣等感を抱いています。
普通に学校に行って、普通に皆と喋って、普通に学食へ行って、そんな皆が日常的に笑顔でしている事が私にはなんとも苦痛で。

普通のことが普通に出来ない劣等感。疎外感。罪悪感。
皆はなぜ普通に出来るのだろうか、どうしてそんなに強いのだろうか。私は皆様より劣った小さな人間だから人よりも頑張らないと人並みになれないのだ。
そんなことを思っていました。

でもね、前にめぐるちゃんが言ってたよ。
「普通普通って簡単に言うけど、皆が普通の生活をするためにどれほど頑張ってると思うの?!」

そうか、人が普通に生活するにあたってどのくらい苦しんでいるかはわからないけど、やっぱり皆同じように苦労してるのか。普通になるために頑張ってるのか。

それを聞いて、少しだけ安心した、と同時に近年は普通の水準が落ちてきているのかな、と寂しく思った。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home