存在の耐えられない軽さ

2008/02/26 20:07
20080226200755
将来の夢は人形に満ち溢れた狭い部屋で地味に暮らすことです。もう最後らへんは本に埋没しながら日々を浪費したい。

そして昨日乱歩×丸尾のパノラマ島綺譚を買った。意外にも乱歩を読んでた時の想像を崩されることはなく、むしろ懐かしく、私も夢のパノラマ島へ行きたくなった。

『将来に対するぼんやりとした不安』

たぶん、ぼんやりしてるから死にたくなるんだろうね。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL:
 Home