こんな晴れた日には人類の平和について考えてやってもいいよ

2010/10/02 12:20
なんてね。

なんだか悲しいに近いような気持ちです。
何かをなくした後にも似てるんだけど、色々ありすぎてわからなくなっているような気もする。


私は雨が好きで、でも実のところ曇りも晴れも雪も台風もなんでも好きです。
昨日との差分が私の気分を転換してくれるのだと思います。
生まれてから20年以上経って、得に晴れ雨曇りなんかは腐るほど見てきたのに、それでも天気について一喜一憂するなんて、よく考えたら不思議ですね。

朝がきたら朝日だと感動して日が暮れたら一日が終わるのかと悲しくなって、。
大人になると涙もろくなることと関係があるのでしょうか。

あのね、平和についてですが、手塚治虫のユニコってあるじゃないですか。
ユニコって傍にいる人を幸せにする生き物なんです。
あの中の話で、孤独の悪魔を幸せにする話があるんです。
孤独の悪魔は孤独に育ったから正直そのままでも満足していたし、悪魔なりの価値観でいえば何不自由のない幸福な生活だったと思うんです。
それが、ユニコがきて、ユニコが友達になって、ユニコを好きになったことで、悪魔くんは友情や愛情を幸せだと感じることになったんです。

要するに、ユニコはその人の価値観を変えて、対象物を一定の幸福にする力があるんです。
全ての人が一様に喜び満足できることが平和なのだとしたら、まさしくユニコは世界を平和にしているのでしょう。

人間は考えることで多様に成長していくものだけど、考える能力こそが弱点でもあるよなぁと思います。
スポンサーサイト
 Home