20090222

2009/02/23 09:21
20090223092110
いつか死ぬからなーって思うと、未だになんでも出来る気がする。躊躇ってるのがバカみたいだ。

興味のあることやりたいことに踏み込むのは行動するという訓練が必要なんだと思う。

だから、躊躇った時にはなるべく踏み込むようにしている。買い物以外は。(何故なら私は買わないことで後悔したことが一回しかないから)
知らないことや経験が浅いことをするのは、とても苦手だし正直嫌いだけど、安定してくると何故かまた新しいものに踏み出したくなる。(だぁってさあ、考えても見て!行動しなかったということはそれに対しての経験値が0増えて時間を1消費したってことなんだよ。そんなことが連続し、果ては継続するなんて私には耐えられない)

それに、マンネリは衰退している気がして。

最近少しマンネリ気味だなぁ。だから行動していきたい。

ふつふつと闘志を燃やしながら。


[20090222]の続きを読む
スポンサーサイト

パグとおじいさん

2009/02/21 01:08
地元の駅をよく散歩しているパグとおじいさん。

足が悪いのか靴下を穿いて不器用に歩くパグとゆっくり歩いては休みゆっくり歩いては休むおじいさんの歩調がとても合っていて、彼らを見ると少し嬉しくなります。

前におじいさんがパグを抱っこしながら「靴下がない靴下がない」と泣きそうな様子でウロウロしていた時は少し悲しくなったけど。

今朝は久しぶりにそんな彼らが散歩するのを見かけました。
ついに歩けなくなってしまったのか、ベビーカーのようなガラガラに身を乗り出しながら散歩を楽しむパグ。と、充血した目に無表情でのっそりとガラガラを引くおじいさん。
おじいさんの鼻から伸びたチューブが、ガラガラに取り付けられた装置に繋がっている。一体何があったのだろう。でも、パグとおじいさんはますます一心同体になったように見えて、不思議な感じがしました。

真夏とかはパグが駅のタイルにペタッとくっついて潰れた蛙みたいな体勢をしていて可愛かったんだけどなー。その隣でおじいさんが放心したように人柱になっていて。
おじいさんはともかく、歩かなくなってしまったのではもうパグのあの休憩スタイルは見れないのだろうか。

でも今のスタイルも格好よくて嫌いじゃないな。

全然関係ないけど、ヤンシュバンクマイエルのコミュニティのトピックになってた月から来る子供の目玉を取り出す妖怪(?)が今とても気になる。

ずぅるずる

2009/02/19 00:43
幽霊に引きずられる夢を見た。

幽霊にぬらぬらと追いかけられる夢とかひたすらじぃと見つめられ続ける夢とかって何気によく見るんだよなぁ。

夢に幽霊がでてくると目が覚めた時に怖いんだよね。幽霊って360度出現可能だしさ。
私の中で幽霊は夜現れるものじゃなくて日常の風景に紛れこむイメージだから、昼寝でも凄く怖いのね。寧ろ昼の方がゾゾゾゾーっとして家にいられなくなるのだコンニャロ。
そんで出たら出たで夜の帰り道が怖いっていうね。何この幽霊と人間の板挟み。

この前は猫ハーレムの夢を見て高笑いが止まらなかったのになー。

部屋の半分くらいを占めるでかいベッドの真ん中で、左右から孔雀の扇に煽られながらフッサフサした猫を抱いて左には猫やんが鎮座していて、他にも世界各種の猫や果ては機械猫から池猫まで盛りだくさんで、しかもね、執事が耳をすませばにでてくるあの紳士な猫で、たまに新入りが来たことを耳打ちで知らせてくれるの。
そんで、もはや黒豹なんじゃないかってくらい大きくてりりしい片眼のプルートゥが入口の辺りで警備員のように佇んでいるんだよ。

もうね、夢の中で高笑いが止まらなかった。
「フハハハハハハ!」

「フハハハハハハハハハハハハハハハハ!」


初めてだよ、高笑いで目が覚めたのは。

寒い。

2009/02/16 03:52
20090221000931
心が平和になったせいか人形を作りつつも、夜風が網戸を抜けてやってくると、そのまま魂を持っていかれますね。
昔みたいに夜を散歩する空想ばかりしてしまいます。

風が吹くと、それだけでわくわくしてどっか行きたくなりませんか。
何者もないところを何処までも歩くのって結構楽しいんですよね。

今は陽が落ちるともう歩くのが怖くなってしまうので出来ませんがね。夜は猫の姿を借りて徘徊できたら面白いんですけど。

左手の人差し指に絆創膏を巻いているのでね、会う人には突っ込まれたりするんですが、

バレンタインで何か作ったの?的な雰囲気、ね。

ちげーますよ。
何だ、あの「お前不器用だからなぁ~」的なオーラ。カイジのパチンコ章のはじめのデートシーンみたいな心境です。

そりゃあ私だって手作りとか好きですよ。そりゃもう大好きです。
「だからあんたが私に作ってくれたらいいんじゃないかなあ、私は手作りが好きだって言ってるんだから!」
そこに男女は関係ない。私はいつだって食べる側に回りたいんだ!

あー、もう、人形がいつまでたっても出来上がらないよー。秋からずーっと意欲もなく、体力もなく、ついでに部屋の暖房が壊れてるんで冬になってから部屋が始終寒く、‥まぁ、そんなのは言い訳なんですが、要するにあんまり触ってなかったんですね。
寝てる間に小人が作ってくれてる気がしてたのだけど、気のせいだったやうだ。残念無念。

全くもって完成形が見えません。
小さめの二体は途中で飽きて、今はまた大きめのを作ってます。これも始めは男女の双子にしよ~と思っていたのに作ってる間に双子じゃなくなって、更に二人とも結局女の子にして、今や片方は鬼になってしまいました。

もう一人の眠り目の方も、王道な金髪ウェーブなお姫様みたいにしようと思ってたんだけど、片方に角つけたせいか普通の女の子だとなんだか凄くつまらないような気がしていたり。
でもなぁ‥、う~ん。

本当、定まらない。

何より体がうまく作れない。どうしたらいいんだ!

しかも、小さいやつらはいつまでも全然気に食わなくて「もう顔も見たくない!」と思ってたら本当に顔のパーツどっかいっちゃったし。
ゴキブリの死骸のようにある日突然どうでもいいところから出てくるんだろうな。ほっとこう。

なんかもっと制作期間を定めた方がいい気がする。

寝過ぎた

2009/02/15 11:53
あたたかいなー。

暖かいと平和な気持ちになってしまいます。
それでマカロンとかチョコパイとかパウンドケーキとか作ってる皆の日記を見て、乙女っていいなー!
って思ったり、私は会社の人の為にチョコ作る気力なんてないので友達と鬼のようにチョコを試食しながらチョコ選んだり、金曜日は色んな人からチョコ貰って嬉しかったり、昨日は冥王のお家でケーキ作ったり、幸せな週末だなぁ。

金曜日にお昼ご飯を食べて以来、
チョコケーキ
チョコ
チョコ
チョコ
クッキー
チョコ
メレンゲ
チョコ
チョコ
アイス
手作りケーキ
‥糖分ばかりです。
今日はいい加減お味噌汁とか飲みたい気分です。

こんないいことが起こり始める金曜の朝は、
私がお菓子みたいに可愛いくて大好きだと思っている女の子にめちゃめちゃ軽蔑されて露骨に嫌われる夢を見たので、やっぱりキラキラしてカラフルで可愛い女の子と私みたいにヘドロっぽい女は相容れないのか、根本から世界が違うのか!わ~ん。
と、傷心していたんだけども、無理矢理平和な気分に塗り替えられてしまいます。

こんなに暖かいと早くも夜桜を見ながらお酒を飲みたいなー、と思います。それは流石にまだまだだよなぁ。
夜桜、お酒で皆で詩とか読みたいとか一瞬思ったんだけど、なんだか詩が入ると途端に痛々しい(、寧ろまがまがしい)よね。

いーよ別に、一人で読むから。

あまりにも爽やかな趣味嗜好のないことが、気に入ってるつもりでいたんだけど、かなりのコンプレックスであることに気付き始めた今日この頃。

肖像画の覗き穴から宝石を眺める快感

2009/02/06 12:52
内向的なので、そういうのが好きです。

短編集、腹話術の中にあった、男の子が好きな女の子を凄く小さくして顕微鏡で覗く話とか好きです。

何をするでもなく、ただ見る、観る、魅る、というのがね、とても私の性に合っています。
自分の指紋すらつかない程大事に保存する‥って凄くドキドキしませんか。

‥とかなんとかその後もツラツラヅラヅラ書いてたんですがそのまま寝て朝読み返したらオイオイ自分大丈夫かなと傷心しました。
よくあることです、また自分が恥ずかしくなります。

 ̄ ̄ ̄
久しぶりにプラのPVを見たりします。トレモロ・ロケット・蒼い鳥は今見ても可愛くて、結構好きです。
私の好きなアーティストのPVって、どうしてもマンソンを彷彿とさせるものが出てきてしまうんだけど、プラはそういう瞬間があってもPlastic Treeとしての世界観が出来上がっているので純粋に可愛いなーと思えます。
そしてマンソン以外にも色々な影響を伺えるところに、ちょっぴり親近感を感じます。

 ̄ ̄ ̄
[肖像画の覗き穴から宝石を眺める快感]の続きを読む

キュンキュンしますの、

2009/02/01 01:34
お腹が。

えへへ、痛いよー。

このパソコン用のテンプレート、一時期明治の板チョコばっか食べて生活してたこともあって随分前から使いたいなーと思ってたんだけど、私の下品な言葉づかいもアップする画像もブログのタイトルも全然マッチしねえなー、と思ってはいたんだけどもやっぱりこれにしてみました。
タイトル変えようかどうか迷い中。

この前、本屋で猫の気持ちがわかる本を立ち読みしました。
猫がハントした獲物をわざわざ私たちの目の前に置くのは、猫が私たちを養っていると思っているかららしい。

へぇ。

じゃぁ今まで

「ねー見て見て!こんなの捕れたんだよ。凄いでしょ?見て見て」

だと思っていたのは、

「おー、今帰ったぞ。腹減っただろ。ホラ、夕飯だぜ」

っていう意味だったのか!

鼠や小鳩やヤモリはあれだとしても、蝉だけは絶対食えないぞ。
ついでに収穫のない日は枕元にこっそり小石を置くのを止めて欲しい。

なんだ、何もないけどこれをドロップのように舐めとけと言いたいのか。なんか切ねぇよ。

しかし、そう考えるとなんだか猫やんも心なしか大人に見えてきます。もうそんなに自立していたんだね。
Image011.jpg

そして今日はダディと一緒にリスに餌あげてたらママンに怒られた。

ママン「餌なんかあげちゃだめでしょ!あういうリスが電線とか噛みきっちゃうのよ。またうちだけ停電になってもいいの?」

ダディ「ほらー、レナがお母さんにリスのこと言うから怒られた」ブツブツ

わたくし「お父さんがリスの餌なんか買ってくるのがいけないんだよ」クサクサ

そういえばリスって冬眠するような気がしてたんだけど、しないのだろうか。
日中はたまに木の枝で居眠りしてるけど。
 Home