スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で~きたできた!

2009/01/28 02:07
20090128020748
20090128020746
立体パズル。

こう見えて片手じゃ乗りきらないほど大きいんだよ。
食用ガエルくらい大きい。食用ガエルの大きさわからないけど。
スポンサーサイト

明るく 元気に 健やかに

2009/01/26 15:17
そして丁寧に、

なりたい。


「あれ~、自分今までどうやって生きてきたんだっけ?」
と思うほど頭も要領も悪くて先が思いやられます。


どうも、陰陰鬱鬱雨降る森です。

最近あまりにだらけているし、落ち込んでいます。
う~ん、またも色んな行動がいちいち逃避なんじゃないかという気がして気にして嫌な気持ちになります。
全くうだうだと面倒せぇなぁ。
例えば試験中に勉強することから逃げたいが為に部屋の掃除をしたくなると言うじゃないですか。そういうのを聞いてしまったからには部屋の掃除すらしたくなくなって、結局うだうだ考えているうちに朝になっちゃうような、一番悪い感じになるのが私です。

一つから逃げてるって自覚があると、あれもこれもやりたくなくなって、ただだらだらする日々が続いてしまいますよくない。

そんなわけで、すっかり頭の中が灰色なんだ。
口からふらふわモワモヤが出てきそう。


自分の力をつけるのに行動できるのは、私だけなんだから、頑張らないと。

日々恥ずかしい。恥ずかしくて、自制心。その自制心が卑屈や被害妄想にならないために、ガツガツ行動して、自信や充実感を得ることが、私のバランスを保つことだと思います。

すぐ偏ってしまうんだけど、。

やることはわかってるし、不愉快ばかりでいたくない。

自分を充実させてあげられるのは自分だけなんだから、なんて言うと「まぁ寂しい発言」と思うかもしれないけど、今の私には自分の力や能力を実らせていくことが精神的にも充実できる術でもあるので、また今日から頑張ろうと思います。

安心安心。

ある芸術家、そのモデルのドキュメンタリー

2009/01/19 23:01
ある芸術家というのは、所謂人外という観念からゴシックに傾倒している写真家である。
そのモデルというのは、五体満足ながらも奇形や超人的な外見を自らに投影し続けている。
そのモデルというのは、若い二人の女である。
彼女たちが姉妹なのか、幼馴染みなのか、恋人同士なのかはわからない。ただ、二人はお互いと猫と犬と共に生活をしている。

ある芸術家の作品は、しばしば彼女達の血にまみれていることから、批難の対象となる。
写真家は何も言わない。作品こそが彼の主張であり、それについて弁を加えるのは作品としての完全性を薄めることになると考えているからだ。
一方で、モデルたちは黙っちゃいない。
「フン、血がなんだってのよ!そんなもの女なら生理でたっぷり流しているわ。そんなことぐらいでギャーギャー喚くなんてとんだぶりっこ女にインポ男ね」

そんな訳でこのモデルたちはすこぶる評判が悪い。
一部のディソーダーに憧れる少年少女、および少年少女の心を持った自己顕示欲の高い人種にはもてはやされているようだが、それがますます彼女たちへの反感を煽っていることは言うまでもない。

これはその二人のモデルの日常生活を映したドキュメンタリー映画である。

―夢の話です。
彼女達は廃虚のような家に住み着いて、日常の中でもじゃれるようにナイフでお互いに傷つけあったり酸で皮膚を焼いたりして、そのまますぐ隣の汚い海まで笑いながら走っていったりするお話。

ある日モデルズも犬も猫も遊びが過ぎてゾンビになっちゃうんだけど、それすらも彼女達には楽しくて、まぁどんなに批判されても彼女なりのハートフルがあるんですよみたいなメッセージの映画でした。
撮ったのは、まだ割と若くてお金もなくて、自分の偏った思想しかもってない、若干アーティスト気取りのありがちな男性。

なんか犬が気弱なのに対して、猫が結構いじめっこ気質で、犬の皮をひんむいたりするんだけど、なんだかんだでやり過ぎて犬が死なないように労ってる感じが凄く萌えました。夢の中で。

起きてから、私って意外と犬も好きなのかなぁと不思議に思いました。

心が綺麗でないから良心がその歪みについていけないのだ。

2009/01/10 22:58
20090119225807
そうして、被害妄想が酷くなるのだ。

自信を持てる程の努力もないし、自信を持てる程自分の感覚を信用することも出来ない。
何より、自信を殺すたくさんの卑劣な行動をついついしてしまう。

だから自分のことを、文字通り、「卑しい」「劣った」人間だと思うのは当然のことだ。
被害妄想は良心や現実を見ている部分が、自分自身をさげすんでいるのだ。
こんな嫌な気持ちが溜まらないように改善しようと、一分一秒に力を入れることはとても不安定で疲れる。投げ出す。
乗り越えようとすることより、苦しみを抱いて自分から逃れようとすることとの方が辛いと思っているのに。

募る自己嫌悪。取り巻く被害妄想。
よく陥ることなのだけど、私は不安なことに対してネガティブに考え過ぎることがあるので、実際はあまり気にしなくてもよさそうなことなのに、それによって傷つけられるのではないか、などと無駄に警戒してしまうことがある。
それは例えば注射だったり、挨拶だったり、するのだけれど、問題は警戒しているものから逃避して先伸ばしにしてしまうことだ。

一度先伸ばしにすると、次はもっと不安や警戒が濃くなる。し、気にしなくてもよかったはずのものが実際に気にしなければならない事態になる場合もある。
私にとっての逃避は単なる悪循環だ。悪循環から逃れた時始めてそれが悪循環だと気が付いたのだが。
それに嵌まるのが怖いと思いつつも、毎日は選択の連続である。村上春樹の踊る小人のような気分だ。
それでも迷いを行動で潰して行く方が、やはりいくらか楽なのだろう。と思ってはいる。

まずは行動する前にうだうだと考え過ぎるところをなんとかしたい。

----

昨日、偶然に大学が同じだったナツキに会いました。相変わらず気ままなテンポで、面白い人でした。
飲みに行こうと言われたけれど、そういえばメールもなんも知りません。
写真部のわずかな人以外に同じ大学の人で私の連絡先を知っている人なんて、もういないような気がします。相変わらず、私はそういう人間です。

相変わらずといえば、わたくしに年賀状をくだすった方、未だにこちらからは送っていなくて申し訳ありません。
年賀状ではない形でお返事をさせて頂きます。

返事も礼儀もままならないわたくしですが、本当に友人には恵まれていて、救われます。
とりあえず返事を書きます。すみません。
どんなことを書こうかと考えていたら少しわくわくとしてきました。

----

嫌な夢を見ていた気がするんですが、途中から猫やんをフカフカしてそのまま眠る夢を見ました。
最近は猫やんをフカフカすることを考えたり、帰り道の途中で猫やんが待っていて一緒に帰ったりしています。
鼠やら小鳩やらを捕まえて静かにアピールしてくる猫やんが可愛いくて仕方ありません。(とりあえず生きてるやつらは逃してしまいますけど)

猫ってなんでこんなに柔らかいんだろう。
なんだか逆に包容されているような気分になります。ゴロゴロ

奴隷は二度刺す!

2009/01/10 00:37
わー、ほらもうこれ、カイジ実写版のカイジが藤原竜也とかカイジの同人誌ぐらいあり得ないんだけど、カイジとか鬼太郎はちょっとがっかりするぐらいの冴えない人選がいいです。

実写なら零の方がアトラクションぽくて面白そうなのに。鏖の魔女!ミミミナゴロシロシシケッケケケケケケ

藤原竜也ってことはもう本当に劇場版ってことだよね。原作を ベ ー ス に 俺なりのカイジを演じます、みたいなー、さ。
いっそのことホムンクルスを深夜枠でドラマ化してくれ。ホムンクルスが酷いことになりそうで面白そう。砂の人とかおまかせアレックスみたいになりそう。

神漫画は漫画のままでいいいィのに。

カイジはあんなに絵が上手くなくて、横顔も泣いた顔も小学生みたいな感じなのに、気付けば緊張に、感情に、思惑に、飲み込まれてしまっているところが面白いのに。

うっかり期待してしまいそうだ。

拍手レス

黒曜さん

お化粧ってやってみると面白いですよね。
では次にお会いするときは是非ビジュアル系メイクで(笑)
父さんは皆に落語家落語家と言われていたので残念ながら渋くはないんだと思います(笑)

---

2009/01/06 00:18
なんだか。

最近はマンガやらアニメやら、面白いと面白くないの間をひたすらにゆらゆらと漂ってばかりいる。

ぼーっとしている。

ますます、考える、ということから逃げたがっている。
マンガもアニメも単調な作業も、何も考えないでドロォと溶けていられるからいい。

元々、人よりも物臭で、気が付くと行動することから逃げることばかり考えている性分なので、毎日、というのはとても大変なことなのだ。
好きなことですら、毎日、は疲れる。
時間を無駄にすることをうだうだと嫌いながら、時間を浪費して過ごしている。

本。本が読みたくなる。
こんな時は本の世界に浸ってしまおうと、何ページが繰ったところで、不意につまらなくなる。
読んだからなんだっていうんだろう、時間を無駄にしているだけではないのか、お話は所詮お話ぢゃないか。
などと、急に白けてしまう。
それでも、本を読んでいる時の空想の面白さが忘れられなくて、横長の白い長方形に目をやる。
すると、やはりくだらなさが込み上げてくる。

やる気はなくても、不安が湧く隙間を埋めようとして、再び面白いと面白くないの間の機械的な運動に取り掛かる。

ああ、自堕落なのは今に始まったことではないけれど、本を読むことに、それも
内容がつまらない読みにくいということじゃなしに、全く白けてしまうなんて。
ソレはあたかも無関心の化身のように、つまらない人間になってしまったのだろうか。














自爆王

2009/01/05 07:36
20090105073624
ボンバーマンってどうやったら強くなれるんだろう、フィールドに30秒と存在出来ない私です。

昨日は夢野久作の犬神博士を読みながら就寝したせいか、会いたいなーと思っていた人に会う夢をみました。
ひとしきりTシャツ談義をした後で、友達が帰ることになったので、それならそこまで送るよと飾ってあった腕を壁から外したら、あまりにも皆が驚いて逃げるので、いやこれは違うよそういうんじゃないと弁解しながら追いかけたり、腕から滲む血で鰐がやってきたり、とか、なんだかそういう感じでした。

今年始めて見た夢。

画像はパパンです。
パパンは形から入って形で終わる人です。まさしく私ですね、それ。

形からと言えばね、私は男の人も普通に化粧をするようになればいいのに、と思います。
そして女の人が(特に接客において)化粧が当たり前だみたいな概念がもっと緩和されればいいのにと思います。(あとついでにストッキングをはくのが一般的みたいな概念はなくなればいいのにと思います。)

指輪をはめるのと同じように、するしないは自由でよいと思う。
別に私は緩和されてもお化粧して行くと思うけど。

女の子って可愛い子が多いなぁーと道で思ったりするんだけど、それって要するに化粧してるから可愛いく見える子が多いんだと思う。
だってこれは明らかに化粧とったら別人だろうなって分かるんだけど可愛い子とかいるしさ。

個人的には化粧した方が好みに見えることが多いからしてほしいっていうだけなんだけど。
昔の時代劇にイケメンが多いのも化粧具合なんじゃないかと思う。

素でも素敵なのかもしれないけど、化粧をするようになると、自分を見せるような意識が高まって自然と振る舞いとか考え方も見られたい自分に変化していくんじゃないかなぁ。
別に元からそういう人もいるだろうけど、男の人が普通に化粧をするようになれば、男性の傾向が変わっていきそうな気がして面白いんだけど。
化粧といっても赤い口紅にボリューム満天のマスカラとかじゃなくて、ただ目尻に少し線をひいて切れ長にするだけでも結構変わると思う。男には男の化粧ってあるじゃないですか、よく知らないけど。

別にね、そういうことに興味ない人はそれでもいいんですけど、男性が普通に化粧をするようになれば自分の形を意識する人が今より増える気がして、そうなると私が町を歩く楽しみが増えるな、とそんな話です。

あ~、でも個人的には、男の人は隈取で出社するのが普通とかだったら大分毎日ドキドキしちゃうな!

拍手レス

黒曜さん
‥ということで、化粧、いいと思います。
外人的な仮装っぽい化粧も好きですが、日本の白塗り切れ長な感じが格好よくて大好きです。日本人にはとてもよく似合います。
黒曜さんも機会あらば是非!きっと素敵だと思います。

ブーゲンバーゲン!

2009/01/03 12:21
女の子な格好とかしてると碌なことないのと、自分への(痩せるぞ・・・という)自戒の念を込めて、最近はパンツばっか穿いてたんだけどもジェーンのバーゲンに行くとやっぱりスカートが穿きたくなりますね!

今回のコンセプトは会社に着てけるジェーンです。

コートにもなるらしい、ワンピ。
P1010922.jpg
写真じゃ良さが全く伝わらないスカート
P1010923.jpg
ヒラヒラが可愛くて購入
P1010924.jpg
エプロン風のスカート&ブラウス
P1010925.jpg

なんつーかね、たったこれだけなのに、スカートたちは50%OFFで他のは30%OFFなのにね、ちょっとびっくりする値段だったよ。レジでひやひやしたよ。
バーゲンなんて人生で二度目ぐらいだけども、ジェーンマープルのバーゲンは楽しいね。エミキュとかは別に普段でもちょこちょこ買ったりできるからわざわざあの混雑をかき分けなくてもいいや~と思うけど、ジェーンは普段買えないからね。半額で普通の値段だからね。なんかおかしいよね。
最近よく行く古着屋で買えば上から下まで全部揃えてブーツも買って1万以内だしさ。
このブーツも二足で一万いかないんだよ。
P1010932.jpg
ジェーン買うとあの黒ピンクのブーツを買い渋った自分はなんだったんだろう・・と、そんなことを思います。

ともあれ、可愛い洋服を撮影しながらふと鏡を見ると、こんなん登場ですからね。
夢見る少女の欠片もない!涙
P1010930.jpg
浩だしね。
P1010935.jpg
調子乗りすぎた。
P1010931.jpg

そういえば、最近自分の肉を見るとイライラするので筋トレしてみたら三日後に筋肉痛がきました。はじめ気づかなくてベッドが体に合わないのかなあ・・とか思ってしまったよ。びっくりびっくり。
肉体の衰えが半端ないのはわかってるんだけど、筋トレは年に2・3回はやってるし、外出ばっかして命擦り減らしてるし、結構、頑張ってるのになー・・と思います。
これ以上どうしたらいいと言うんだ!

そんでもって冬休み中やろうと思っていたことを何一つやっていなくて泣きそうだ。
部屋の暖房が壊れていると寒くて何もやる気が起きない。けど今日帰ってきたら少し進めるぞ。うんうん。
今年はなるべく現実逃避をしない。ようにするんだ。本当常に身を滅ぼしてるからね、それで。

拍手レス

冥ちゃん
この前は寒い中お疲れ~。
昨年は本当にお世話になりました、今年もどうぞ宜しくお願いしますですす。

ユメノアト

2009/01/02 01:13
狐の化粧をした素敵なおじいさんとか、格好いいおにいさんとか、綺麗な女の人とか、可愛い子狐たちもアップしたいんだけど、いかに白塗りとはいえいけない気がするので、少しだけ画像アップ。

でっかい狐面
P1010891.jpg
御囃子隊
P1010909.jpg
甘酒飲んだ後
P1010896.jpg
行列終着地点
P1010910.jpg

おじいちゃんもおばあちゃんも夫婦も親子も狐で、狐好きにはたまらない行事です本当に。
狐メイクすると急に好みの人が増えて困ります。

楽しかったー、もう少し寒くなければ最高なのに。
それでもこうして参加するのは愛故ですかね。

う~ん、今年はいい年になりますように。

肩が痛い。絶対これなんかいる左に。

2009/01/02 00:16
20090102001631
どうも、明けまして、でございますね。

昨日の大晦日。
駅へ行く途中、突然右の辺りが明るくなったので右斜め前を見やると、カーテンを開けたままインスタント証明写真を撮ったらしい4・50代の男性がそこに座っていました。

これも不況のせいなのかしら、でもカーテンは違うよなぁ、いや、写真屋さんでしか証明写真を撮ったことのない人が大晦日にインスタント証明写真を撮っている(‥ように見える)姿は不況の象徴のような気もするなぁ。

などと思いながら、今年も狐行列に行ってきました。

今年のお子様がとても可愛かったです。そのうち狐行列のホームページにアップされると思うので、興味ある人は是非。
http://ouji-kitsune.jp/

化粧をして貰う美容室にて、メイクしてもらおうか迷っていた人に「人に化けたまま年を越してよいのですか?」とレジの狐が言っていたのが印象に残っています。
あんな、町の老若男女がノリノリでやっているお祭りが地元でもやっていたらいいのになぁ。

今年こそ楽しいお祭りを開拓して行きたいです。あああ、私は妖怪暦をどこへやったんだろうな。

なにはともあれ、白塗りのまま帰宅した冥王と小骨でございました。
白塗りって充血した眼よりも白い!
20090102001634
今年も空気を読まない感じの私です、このままイタリアンも食べに行きました。

帰りの駅のトイレでおばちゃんが見えない誰かに「有難う、優しいのねぇ、本当に大丈夫だから、うん、有難うね」とずっと喋ってて新年早朝早々ビビらされた小骨です。怖いです。自分の白塗りが一瞬呪怨に見えました。見てないけどミラーズです。怖いです。

そんなビビりですが、今年もどうぞ仲良くしてくださいませね。

かしこ



拍手お返事

りゆかさん
本当ですか?えへへ、りゆかさんに好かれるのならとっても嬉しいです!!
カエラちゃんもそういえば言われたことありました・・けど、なんですかね、たぶん目の周りのメイクが濃いからだと思いますよ(笑)
拍手ありがとうでした!私もりゆかさん大好き大好きです!!
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。