スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳みそマッサージ

2008/04/30 23:06
無限回廊やってたら脳がからまった。気がする。

だから今凄絶に、真上から、親指・人差し指・中指の三本でもって脳みそをマッサージしてもらいたい。
絶対に気持ちいい。に違いない。

私はきっと猫のようにゴロゴロと喉を鳴らすだろう。
スポンサーサイト

その人はデミアンのデミアンが好きだと言っていた。

2008/04/30 15:09
「私はクラウドが好きだなー」

「あーー。あとは?」

「先生」

「先生?」

「こころにでてくる先生」

「ああ。あとは?」

「シンジくんとかも好きだよ」

「・・どうしようもないね」

「うん。しかたないんだ」




PSP購入。

無限回廊とモンハンを買ったよ。無限回廊ははじめっから結構難しいんだけども中村が低能なだけかなコレ。でもグルグル回ってるだけで結構面白いからいいや。うん。風邪ひいた。

この前は先生を手伝いに行って証明やったりお菓子貰ったりしたよ。証明ってその日突然行って突然やるもんじゃないよね。ことごとくKYな色をプレゼンツしたよね。私は気にしないけどね。
あとは飲みに行って飲みに行って飲みに行ってカラオケ行って先生の家に飲みに行ったりしたよ。ここ数日の話。
まぁ、風邪ひいたよね。
たぶん先生にも映したよね。
ごめんね。

なんでぜんまいざむらいのエンディング変わっちゃったの。
すごく不服です。

最近また綺麗なものしか見たくない病でくさくさしてきたよ。
欲求不満だから早くデザインフェスタに行きたい。

早くおうちに帰りたい。

早く。

天馬博士!

2008/04/25 13:25
サイコ新刊でてた。

人の人格をプログラミングって、どんな感じなんだろう。磨知の人格がプログラムだとしたら、雨宮くんを好きになったのはやはりバグなんだろうか。

人格はプログラムの仕組みに似ているのかもしれない。人格とは脳から発せられた指令を分岐→判断→処理するプログラムの塊のようなものかもしれない。なら、心は人格のどこに在るというのだろう。

私は、自分が自分の意志で考えている、と自覚した時点から、心というものが存在するんじゃないかな、と思っている。
自分という存在に気付いた瞬間から、自分、あるいは自分と他人というものに縛られ続けて、そこから迷いとか葛藤とかが生まれてくるわけだし。

プルートゥで、子供を亡くしたロボット夫婦が、
「なぜ人間はロボットに家庭を持つ制度をつくったのかしら。あんな制度がなければ、こんな気持ちにならなかったのに」
みたいなこと言ってた。

これは既に心を持ってる状態だと私は思う。
「なぜ」とか「のに」とか、自分のことを自分と人間で比較しつつ考えた結果のあらわれだと思う。

人間に心は存在する。でも悲しいことに他人のそれを識別することは出来ない。

例えば天馬博士はアトムをつくったわけだけども、彼はどうしてもアトムが偽物に見えてしまい、アトムを手放す。

原作のアトムはちょろっとしか見てないからあまり覚えていないが、アトムは正義感のある、子供らしい、いわゆるいい子ちゃんだ。ったと思う。

それは天馬博士が亡き息子への願望を含めてアトムを製造したからだ。(と勝手に思っている。)
飛雄の人格を無視した時点でそれは飛雄とは違う人格になってしまうのは当たり前だが、アトムを受け入れられなかったのにはもう一つ、アトムの人格をつくったのが天馬博士自身だから、という理由もあるだろう。

自分と他人という関係の他人は、見えているようでいて自分の空想でしかない。つまり他人とはブラックボックスでなければならない。これが人同士の関係だ。

だが天馬博士とアトムは違う。彼にとってアトムの反応など全て想定内のはずだ。きっと天馬博士にはアトムがただの処理の集合体のようにしか見えないに違いない。

例えばアトムが心を持って天馬博士に接していても、天馬博士にはアトムが通常の処理をこなしているように見えるだろう。アトムがいい子であればあるほど。(きっと天馬博士ほどの天才ならバグとかないだろうし)

人間は他人の人格を見ることはできても心を見ることはできない。だから人間はロボットに対して油断をする。
自らがロボットだという自覚すら、自分たちが与えているにすぎない、
という風に見えるから。

人間は中身が見えるものを見下す。あるいは、中身が見えるものに対しては、人間の一存でどうにでも出来ると思っている。気がする。

動物は心があるかどうかわからない。だから、異常に尊重したり人間並に扱われたりもする。
あるわけねぇ、とかただ本能のままに生きてるだけだと思ってる場合→機械的に世話をする。あるいは眼中にない。虐待。
(ちなみに私は動物虐待と同じくらい動物愛護が気に入らない。)

ロボットも似たようなものだ。知識のない人にとってはロボットもブラックボックスなのだから、人間のように感じたり、心があるのではないかと思うことは当然あるだろう。
あるいはロボットはただこちらの与えたコマンドに従っているだけなのだと考えている人は、ロボットに非人道的なことを課すことに抵抗はないだろう。

で、なんだっけ。考えを研磨することなく書きなぐってたらわかんなくなったな。まあ、ともかく、自分という意識をしだした時から人格は心の支配下で、その機能を果たす。と。
感情は人格という処理の集まりの中の処理の中の一つにすぎない。つまり、心のない状態で人格が機能している場合は、感情もただの反応にすぎない。と。

(あーーー、私のブログは文字の羅列というより、思考の羅列だな。ただ思いついたまま書きなぐって修正しない。修正するとなにもなくなる気がして怖い。)


天馬博士は六十億人分の人格を分析してプログラミングしたというけど、自分の人格もプログラミングしたのかな。他人の人格はともかく、自分の人格を分析してソースにするなんて出来ないと思ってる。自分の人格はもろに心の支配下にあるのだから。

渇望

2008/04/22 10:11
「最近再臨やってるんだー」

「無双かー。無双の前は何やってた?」

「無双の前?・・は、無双やってたかなー」

「・・最近何か嫌なことでもあるの?」


まあ確かに爽快感はあるよね。あういう系のゲームは。
嫌なことって、ただこうして生にしがみついてずるずると生きていること以外は嫌じゃないよ。

不安がうずうずしているときにキルケゴールを読むとなんとなく落ち着くんだ。
路頭に迷うことすら忘れるような人間になりたくないな。苦しいことがなければ自堕落になるから、常に不安でいたい。飢えてないと何も思いつかなくなるから満たされないでいたい。不定形でいたい。苦しみたい。満たされたい。落ち着きたい。眠たい。白のなかに溶けてしまいたい。

最近天使がいないかなーと思ったりします。
世界に適応できないくせに生まれてくるのって、ただ愛されるために存在するんだと思う。
当人の苦痛とかどうでもいいんだよ。というか、当人が苦しんでるから愛されるんだ。
自分にないから愛されるんだ。
ただ愛されて賛美されるだけの存在。
ただ少し舞い降りて、周囲に影響を与えて、すぐにいなくなってしまう。
それだけで、周囲の人間は一生満たされた渇きに飢えるのだろう。
生けるアート、生きる糧。


つーか、仕事しよう。

消化活動

2008/04/19 10:54
人を理解することなんか、出来るはずがない。

と思っている。

例えば私は姉ちゃんと一緒の空間にいれば、どんな反応をするのか、大体わかる。
でも、何を考えているのかはわからない。

どんな筋道でその反応に辿り着いているのか、わからない。
笑いのツボやテンションが自分と似てるからとか、おそらく姉ちゃんも今の私には興味があって、好意的に思っているような気がするから、なんて思うことはある。

でもまぁ実際わからないし、本人だって筋道を無意識に預けて感情のままに笑ったり喋ったりする部分も多いのだろうし、他人の無意識の部分なんてわかるはずない。他人の無意識の部分なんか主観で考えたり感じたりするしかないんだから。
自分だって、じゃぁ笑いのツボがなぜツボなのかとか、では情報を受け取ってからどのように面白いと感じて笑うのか、なんてことはいちいち考えない。考えてもわからない。自分ですらそこらへんは曖昧なんだ。

だから相手のことが理解できるなんてことはまずないだろうし、相手の反応とか趣向とか考えていることがなんとなく読めるというのは、ただ単に経験だと思う。
(私にとって理解というのは100%のことだから。)

でも、
人を理解することは出来ない。
だからその努力をしても仕方がない。
だから深く人と関わったりしない。
だから自分にもあまり干渉しないで欲しい。

なんて思うのは、ネガティブだ。勿論、そんなの人の自由だけど。(そして自分もかなりのネガティブだけど)

人を理解する努力をすることは、自分を深めていくことだと思う。
好きな人だろーが嫌いな人だろーがあんまり覚えてない人だろうが、人間は一度でも会った人を自分の中に消化している(あるいはしようとしている)のじゃないかと思う。で、嫌いな人とか好きだけど満たされないとか嫉妬するくらい羨ましいとかそういう人にあうと消化不良を起こす。

理解しようとして、無限ループに陥って更に消化不良が悪化することもあるけど、人の気持ち・立場・考え方を自分なりに考えていくと、(それは無論ただの自分なりの考え方にすぎないが)自分の考え方の方向性を他方に広げていくことが出来る。んじゃないかと思う。

考えても考えてもわからない場合は、自分と自分の中の他人が葛藤を起こしている状態。
一人でいても、むしろ一人でいる時ほど神経がすり減る。
相手が実際に目の前にいるときだけ葛藤が起きるよりも、何倍も病む。

でも、それを消化して昇華させていくのが人間かなぁと思う。
亡霊に囚われていた人が、亡霊を昇華させていく瞬間て、強くて綺麗で凄く悲しい。

消化って、同一化だと思う。
自分の中での他人が、時をかけて消化されていくうちに、完全に自分の一部になってしまって、自分と自分の中の他人が葛藤することがなくなる。
で、解放される。苦痛だった気持ちは昇華される。大切だった気持ちは"一人"という状態では成り立たないので、その効力を大幅に喪失する。

他人というのは必要不可欠だ。
褒められたりけなされたり、自分意外の人がいなければ、人間は感情なんて、感性なんて、性格なんて、要らないだろう。言葉なんて要らないだろう。
言葉がない時点でだいぶ意識なんかは薄れると思う。ていうか、ああ、そっか。そもそも自分が自分だということも意識しないで曖昧でいられる状態かもしれない。
想像つかないね。ともかく、相手がいるから相手や自分を意識するし相手が理解できない得体が知れないから相手と自分という葛藤がおきるわけで、自分の一部になっちゃったら葛藤の仕様がなくなる、と。

悲しくなるのは葛藤出来なくなるほどに自分の中の相手が自分の一部になっちゃったからじゃないかな。つまり、自分の中が一人に戻るから。

うん、消化は断じて理解じゃないよ。理解したと思えるような道筋を自分に持つことができたとか、割り切ったとかそんな感じだと思う。
結局、自分には自分の解釈しかできなくて、本当のことなんてわかんなくて、だから他人なんていうのは自分の中の虚像にすぎなくて、それなら理解しようとすることは自己満じゃないかと疑ったりして、膨張するように一人だと気付いて、他人を遠く感じる。

横浜支店!

2008/04/11 22:54
20080411225410
一週間めっちゃ早ぇ!

こんだけ早いと気付いたら何も成果がないまま今期が終わりそうです。
人形は土日だけ作ることにして今期で全身作れればいいなー、と。球つける二歩手前ぐらい。
あああ、私がデザフェスに出せる日はいつになるのだろうか。
なんかもう画像の後ろに写ってる顔だけのやつとか本当やる気ない。新しいやつは発泡を削って粘土巻いたままだし。いやいや、焦るつもりはないけど。

今日は横浜支店の同期&先輩と夕飯&カラオケ行ってきた!横浜支店まじ皆ゲーム大好きで面白い。
ほとんど皆FFタクティクス知っててびっくりした。個人的にタクティクス大好きなんだけどもJ以外で周りに知ってる人いなくて全然話せなかったのに。

PSPで出る前はそこまでもてはやされなかったよね?

夕食中、話してる内容がゲームやらアニメの話で、皆深い(笑)
しかしクロノクロスは不評らしい。個人的にはトリガーよりクロスのが好きなんだけど。映像と音楽が。

そしてカラオケではヴィジュアル系とアニソンしか歌わなかった。90年代ヴィジュアル系‥いいよね!
さして好きでもないラクリマとかでもときめくもんね。

ずっと横浜支店で働きたいよー。

そしてオロチ再臨結局買っちゃったよー。

ストーリーモードすら終わってない。ジョカとガラシャが使えるようになった時点で大分満足。できるわけない。
真・遠呂智とか出せる気がしない。

時間を惜しむ気にはならない。ただ、後悔しないように自分と時間を把握していたい。

あーー、今凄絶にフェティッシュ系イベントに行きたいです。トーチャーまで待てない!今度こそ最後まで出血大サービスをみたいよー。緊縛可愛い!!吊りとか最高すぎる。吊りはさすがに出来ないけどさ、私もちょっと勉強してみようかな。縄師って天才だと思う。

たぶん、新入社員らしい、うだうだ。

2008/04/02 19:32
大体、あまり会わない人が私に会いたいという時は、何か悩んでいることを話したい人が多いです。

別に、これといって、有難い説法やら、役立つアドバイスやらをあげられるわけではないのですが。或いは、私があまり人には意見しなくて、というか人の選択の良し悪しにはあまり興味がなくて、とりあえず自分の頭にあることを実現していきたいと、それだけをバカのように思っているから、皆が気楽な気持ちになれるのかなーと思います。

困ったら困った時に考えればいいし、今ともかくやれてるならいいと思う。
(これでいいのか‥)
なーんて悶々として何もしないのは怠慢だし、いいか悪いかなんて、少なくとも私にはわからないよ。
だーから今は自分の計画がちゃんと実行されるようにただやればいいんじゃないかなーと思ってる。

なんとも楽観的な考え‥かしら(笑)
不安について考えないのも怠慢だけども行動しないのも同じく怠慢だと思う。つーかそんなの皆同じだよっ。てめぇのことなんか知るかっ。てめぇで決めろっ。てめぇで頑張れっ。

だから私はそういう滅入った人が是非前向きになって意欲を取り戻して欲しいなーと思います。だからうだうだを聞くことで前に進む力になれるなら、これからも歓迎します。

自分のことは自分で考えて、自分が行動して自分を作っていくしかないんだよ。

もう日々卑屈とか弱音とか言ってたらいつか顔が歪んじゃう気がするからもっとハッピーにいこうよ。

不安なんか尽きることはないけど、それがなんだっ関係ねいよ!

ズバーン!!

ババーン!!

ドカーン!!

関係ないけど、2ちゃんから出てきた表記とか言葉遣いって、個人的には、たまに、ヒジョーに卑屈とか皮肉とか自嘲とか嘲笑っぽく見える。
まぁ最近は使う人も多いし、抵抗があるというほど抵抗があるわけではないけども。
流行り言葉とかをつかうのは、きっとその方が自分の表したいニュアンスがフィットしてる/相手に伝わりやすいからなんだと思うけど、2ちゃんの言葉をよく見かけるようになったのがなんだかそういう人や自分を小馬鹿にする人が増えたからだとしたら嫌だなぁと思う。まぁ、mixiとかブログが増えたせいもあるだろうけど。

そういえば今年の新入社員はカーリングタイプらしいよ。つまり受け身ということらしい。
あのカーリングの滑ってる丸いやつのことだけを指されているのだと思うけど、屈辱的だね。確かに就活時は受け身だった気がするけど(笑)
五年後くらいにカーリングタイプなんてもんが払拭できるくらい同期がバリバリ働いてたらいい。
新聞で重松清が「遊びは短期的なものだ。仕事はその逆。やればやるほど面白さがわかる。だから焦るな」とかなんとか言ってたよ。
無理して続ける必要はないが、たかだか一年で仕事の意義とか自分とは方向違うなーとか判断するのは早いぞ、と。

(いつか私が夢を挫折したら誰か私をひっぱたいてね☆‥とか言おうとしたけど、たぶん私はそんな時、ぶん殴られても熱く語られても自分の決めたことをやめないだろうから、止めた)

私自身、今は早く仕事覚えたいなーという気持ちで一杯だから、色んなことを面白いなーと思います。
今日は、プロジェクトに入るための面接を受けてきました。しかも四回連続で(笑)
一日に四回なんて就活の時すらしたことねぇ。しかもグループディスカッション以外の集団面接したことねぇって感じだったけど、それにだんだん慣れていく自分や他の人たちを見てると面白い。
結構、皆が色々なアピールポイントを持ってるんだなぁ、と。うちらはずっと同じ八人で面接を回ってたんだけど、毎回違うことをアピールする人もいるし、途中から緊張がとけたのか著しく話し方が上手くなる人もいるし。そん中で11月のデザフェスには絵をだしたいですって人がいたり他にも興味あることを喋っていた人がいたので、移動中に話しかけてみたりした。(自分って本当に人に話しかけるのだけは上達したなぁと思う。知ってる人にも知らない人にも。)

‥んで、今は定時にあがれるし朝も早くないし割と余裕がある感じなんだけど、今は人形作ることはやらないでいる。
なんとなく、ちゃんと残業が始まる(というのもおかしいけど)までは人形作らない方向でいようかなぁ‥と思って。

まぁ余裕があるうちに勉強すべきこともあるし、何年か、何十年か先のことを思えばこの数ヵ月人形を作らないことくらいなんでもないような気がする。
忙しくなり始めてから一年半くらいたっても人形進められない感じだったら方向性をもう一度見直す必要があると思うけど。

まぁ好きなことなら、鬼のように忙しくなければ少しずつでも出来るだろうし。

楽観的かもしれないけど、非・現実的でもないよ‥ね?いやいや、人形も仕事も頑張る気がとてもしてるよ。

今はふとした時に「ああ、この一分一秒にもお金が発生しているのね」と思うのがいちいち嬉しい。
時間が減った分、有効に使おうと色々するのにいちいち充実感。‥初々しいでしょ?(自分でいうな)

貴様は青すぎると言われたらその通りだけど今はそれしか売りがないのだから存分に発揮するしかない。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。